あたりまえたいそう

当たり前のことをかきます。

会いたいという気持ちがぜんぜんわからない

一緒にいたい

会いたい

という類の気持ちがぜんぜんわからない。全然、一ヶ月くらい会ってなくて、顔も見てなくて、話してない人と会いたいのはわかる。でも毎日ラインしてて昨日も会ったのに会いたいっていうのはやっぱ性欲と依存じゃないかな〜。自分も性欲あるけど。会ってくれさえすれば、存在を目の前で確認すれさえすれば安心できる。(自分のこと好いてくれてるんだっていう確認)っていう安心を満たすための会いたいじゃないのか。

とか言ってかつて好きだった先生に関してはひと目みたい、ひと声聞きたい、逃したくない、という気持ちあったからそういうことなんだろうか?自分にとって先生が珍しい存在すぎて友達でもなかったし会いたくてもすぐ会えないし何か理由がなきゃ会えないし見れないし言葉が1生徒に向けられることもない、という状態がそうさせたような気がしている。だから手に入れられる状態になると途端にその気持ちなくなる。

アイドルだってまあそうかもしれないな。いつインスタ更新されるか、ライブやってくれるか、いつやめちゃうのかわからないから追っちゃう。逃すまいと躍起になる。どうしたら嘘つかずに済むんだマジで。

言えないことは最初に言っといたほうがいいよ

言えないことが多くなってきた、という記事を3年前くらいに書いた。当時、好きな人や友達に嫌われたくないから、否定されるだろうなという考え方や気持ちは大切な人であればあるほど言えないって思っていた。

逆だよ。大切な人であればあるほど長く付き合う可能性があるから、尾を引かせないために地雷は早く出しといたほうがいい。そこでもし嫌われたり離れていっちゃったんなら、残念だったね。でもそれを後で言ったからって相手の感じ方が変わるわけじゃない。なぜなら相手は時間の経過によって簡単に変わったりしないから。

 

変わるとすればその伝えたい事案をいかに誤解されないよう丁寧に伝えるかどうかにかかってくる。本当の気持ちを伝えたいからこそ丁寧に省略せずにディティールを伝える。

 

今後墓までもっていく予定のことは一切言わなくていいよ。そこ切り分けよう。自分の中で守っていく感情と相手といる時つらくならないために言わなきゃいけないこと。伝わったらいいね。

浮気遺伝子

浮気遺伝子って自分が考えたと思ったんですけどあるみたいですね。浮気遺伝子を持つ奴は業が深すぎる、複数の相手とやりたくて仕方ない時点で妻子を持とうとか考えるな。私自身は正直浮気遺伝子を持っていると思う。前回の記事参照。

複数人とやりたい気持ちが悪いんじゃなくてその気持ちを持ちながら社会的成功も欲しいしあわよくば永劫的につづく愛が世間的メリットが信頼がほしいのが業が深すぎる。でもわかるよ、いろんな種類の素敵な人とやりたい、溢れ出る性欲を隙間なく満たしたい欲望がある時点で、抑えられない時点で、そして叶える能力がある時点で、可能性のあるあらゆる欲望も叶えられるんじゃないかって叶えたいって願望を持っちゃうんだよな。どこまでいけるのかってバレないのかって自分ならうまくやれるってそれすら楽しんでるんじゃないか。欲望を世間にバレない範囲でギリギリまで満たせる自分を。そういう遺伝子だと思う。そのギリギリを間違えてしまったのがニュースだ。

f:id:rerereira:20200611011717j:image

私は自分の人生を時々メチャクチャにしてしまいたくなってしまう。昼間はマジメにOLをやりながら夜は毎日違う男とやって朝帰りしたあと何食わぬ顔で出社するような人間に死ぬほど魅力を感じてしまう。子供の頃この静かな教室で机を窓からぶん投げたらどうなるんだろうって妄想を何回もした、大人になったら、ちょっとおちゃめで不器用だけど仕事を頑張る社会人の自分をどうやって壊そうか、バレたら、最低って蔑まれる経験をした帰り道高笑いしたくなる感覚をどうしたらいいんだろう。本当は裁かれたかったんじゃないのか、晒しあげられる日を待っていたんじゃないのかお前はクズだってやっと世間が本質を見てくれたね。

 

そもそも浮気が悪いとされているのは現代だからだ。結婚さえ、付き合うことさえ選ばなければ悪ではないのになぜ選んでしまうんだろうね、業が深いね、一夫一妻制なんてそろそろ厳しいよ、50%の人間は現代の謎ルールに縛られて不倫だって騒がれたりルールを盛り上がりの糧にしたり面倒くさい手続きをしたりする、一人をあいせるにんげんが一人をあいせる人間と結ばれればいいのに、なぜこちら側の人間は「一人の人間をあいしつづけられます」なんて嘘をついてしまうんだろう?そうしないと一人をあいせる人間を落とせないからか、可能性のある欲望はすべて叶えていきたい叶えるためならどんな嘘でもつける性格なのかな、かなしい、無理

長く付き合うと性欲がなくなる問題は解決できるのか

表題の通りである。ちなみに私自身はこの問題を解決できていない。

最大付き合った年数3年、相手に対して性欲がなくなったのは2年半以降。

こう書くと意外と長い気がするけど、世の中には10年付き合った後も、頻度が減りはしても、ゆるく穏やかな営みが続くカップルがいるらしい。(これは身近で実際に聞いた話なので、ネットで拾った話ではなくリアルである)

その境地がわからないから理由を考えてみた。

 

性欲がなくなる理由

  1. 飽きる
  2. 相手の裸を見すぎた
  3. トラウマを覚える
  4. 相手を好きじゃなくなった

飽きる

最初のスタートダッシュでめちゃくちゃセックスしまくり、さらに、元々の性質が「新鮮なセックスを楽しみたい」という動機だった場合。感情持たなくても、見た目だけでやりたいと思えるタイプは、特定の相手とのセックスが新鮮に思えなくなった時点で、他に新鮮を求めに行く可能性が高い。

 

相手の裸を見すぎた

これは私の考えだけかもしれないが、エロさというのは、普段服を着ている状態で裸が見えないからこそ、見れたときに興奮する。一緒に住んでいて裸を見ることがデフォになると裸を見る=日常=興奮しない=トリガーが発生しない(性欲が高まらない)に繋がりやすい気はしている。だからいくら仲が良くても毎日風呂一緒に入るべきじゃない、裸で歩き回らない、には同意してる。

 

トラウマを覚える

相手との行為で、最初は良かったけど、何回かする過程で嫌な記憶を覚えてしまったとき。したくないことを強要されたとき、毎回じゃなくてもたまに嫌々していたらセックスそれ自体も嫌になってしまったとき、相手の反応にちょっと引いちゃったときとか。

そもそも相手の反応にちょっと引いちゃうってのは、その時点で恋からは冷めていて可愛いとは思えなくなってるからかもしれない。

 

相手を好きじゃなくなった

行為以外の場面で嫌いになったり好きの感情を持てなくなると、当然、特に女性は感情的な生き物なので、センシティブなセックスはしたくなくなる。実はこれが一番多いんじゃないかと思ったりする。

いや、てか、自分は性欲高めなので、こんなの関係ないと思ってた。誰とでもやれるって思ってた。けど違った、何も知らない相手なら逆に感情なんてなくって割り切って快感を感じることだけに集中できるけど、一度人間と認めて心を乳繰り合った相手なら、感情が入ってきてしまうからいくら物理的な感触が良くても良いとは感じられなくなる。のかもしれない。

 

性欲がなくならないパターン

  1. 一途
  2. セックスが第一重要事項じゃない
  3. 相手にネガティブな感情がない

ほぼ逆説的な感じで申し訳ないけど書いてみる。

 

一途

元々一途で好きな相手にしか性欲が湧かない。感情を持った後じゃないとやりたいとか思わない、人は他の対象に性欲が移ることもないし性欲無くならなそう。これは想像でしかないのだが。

 

セックスが第一重要事項じゃない

元々性欲が強くない。恋愛感情やお付き合いをセックスに頼ってない。頻度が減っても受け入れられる。セックスを第一重要事項としていないので、付き合いの中で、他のことを楽しめて関係が続けられる。

ただし求める頻度が、お互いにゆるやかに減っていかないと喧嘩になりそう。バランスが違うとどちらかが無理することになり、それが相手を嫌と思う感情につながってしまう。

 

相手にネガティブな感情がない

どちらかの性質が非常に穏やかで喧嘩や諍いが発生しようがない。ずっとお互いのことを好きでいられる。すなわち行為もできる。

もしくは諍いが発生してもモヤモヤが残らないように逐一解決していく。メッッチャしんどいが上手くいっているカップルはこれをやっているのかな。尊敬する。

長年付き合っててながーーーーーーい時間一緒にいてもネガティブな(致命的なネガティブがなきゃ良いのかな、小さいのは許容)感情が湧かないのってすごい。

これも知人の話で3人は存在する。男性側がめちゃくちゃ穏やかで滅多に怒らない、というパターンをよく聞く。羨ましいと思うけど、自分はずっと穏やかな人に性欲や魅力を感じるかというと多分感じないなという気もしている…、残念ながら、、まだ出会っていないだけなのか。

ピ様はそんな人な気がしているけど、大森さん経由情報しか知らないから、イメージでしかない。でもピ様はエロいよね。穏やかなエロい大人ってそういうことなんだろうか。

 

結論

今の所自分の性格では解決できなそう

  • 「新鮮なセックスを楽しみたい」という動機がある。感情ない相手でもやりたいと思える。ただ最近はその「やりたい」がガチなのか、感情なくても良いと感じられるかは、実証してないのでわからない。思い込みかもしれない。
  • 相手の裸に慣れないようにする。これは同意を得られれば努力できる気がしている。
  • 長く一緒にいても相手を嫌にならない才能、環境。相手が許してくれるのならばあまり長く一緒にいない、会ってない間性欲を高める期間を作る。(付き合ってると求めたら即やれるから性欲貯める意味として会ってるとあんま意味がない)
  • 相手を好きでいる。問題が発生したらもやもやが残らないように解決していく。もしくはまじで嫌になる要素一個もない相手を好きになる(無理ゲー)

こんな感じです。

努力しつつ解決できたらまたお知らせします。

ラーメンを美味しくたべる話

何でラーメン食うのにおいしい!って言わなあかんのやろ、と冷静に思った。ラーメンという熱くてすばやく平らげたほうがいい食べ物は、おいしい!だとか口に出している暇もなく美味しさをすすったほうがいいのに。でも私も会社の人とだとか、ご飯を一緒に食べるのに慣れていない人となら、おいしい!って感想を伝えあってラーメン食べるんやろな、と思うし、美味しさの鮮度よりも食事している相手の方を優先する。ラーメン自体の美味しさを味わうなら気兼ねなく食事できる環境の方がいいし、おいしい!と伝えたい誰かと食べたラーメンは食事したことそれ自体が「美味しかった」になるんやろな

カテゴライズ

急に好きだったYoutuberや頭のいい人たち(自己啓発系)が好きじゃなくなった。人のことをでかい主語でジャッジするエンタメだからだと思う。本だと、実用書系の本だと、個人の人に向かって話すわけじゃないからそうならざるを得ないところがあるのだけど、(これこれこういう人はこう言うところがだめ、これこれこう言う目的があるならこう言う努力をしろ)、その言葉が欲しくて読んでる間は良い、麻薬みたいなもの、語気が強くないと気持ちよくないとすら思う。でも一旦、マウンティング女子〜のあとがきで語られるような、「聖人」に囲まれているとその考え方に違和感を抱いてしまう。「聖人」は、本当に聖人なのである。人をカテゴリでジャッジしたりしない、それは、人間だからあからさまに嫌がらせをされた相手は嫌いになるだろうが、それでも、些細な上下関係や些細な勘違いを気にしない。器がでかい。私は彼らに心底憧れていて毎日違いに絶望している。人のことを、自身の外見にコンプレックスがあるから、人のことも0.1秒で判断してしまうところが、本当に救われない。「本当に救われない」などと本当は言いたくない。そんな嫌な奴もいる、でも社会ではそれを露骨に出さなければうまくやっていけるよと、これまで数十年生きてきてしまったじゃん結局、などと言って誤魔化してやりたい。もう誤魔化しが聞かない。と言うか自分が失敗したくない。辛い

親くらいまで人生を重ねたら生きるのは楽になるのかな

最近親くらいの年齢の人と話をした。その方はとても陽気な人で、接したことはあれど、他愛のない会話をしたことがなかったので、その人の朗らかさにびっくりした。

いや、年齢じゃない、人柄、というのはわかっているけれど、私も人生を重ねることで、(ここまで生きてしまったという経験やいろいろでどうでもよくなって、思ったように振る舞える、いろいろの普通解がわかる)こういう感じに柔らかくなれたら良いのに。と思った。

 

ある年代になると、いろんなことがどうでもよくなるし、未来が〜とか承認欲求が〜とかの感情が薄くなるときがあるから頑張れという話があるけどそれを信じてもよいのか。

でも現実でもネットでも、その例に当てはまらない人を知っている。親のそんなの思春期でしょという言葉は、大人的な年齢になってもこじらせている自分には合っていなかったので、この法則もあんまり信じちゃいけないのかもしれない。

 

※普通解が〜とか言ってる時点でこじらせてるのはわかる。

※楽になる〜という表現が語弊を生みそうではある。いくら生きたって楽ではないと思うけど、いくつか増えた正解を自分の中に持っていると信じたい。