学んだことひとつ

変われるの?無理なの?

思い込みが天下一品

勝手に長らく苦手だと思っていた、むしろ苦手だと思っていることを認めたくなかった人にかなり久しぶりにラインをした。あまりに自分と違うので嫌われているのだと思っていた、あるいは、自分が彼らに偏見を持って怯えていた。後者の方がきっと正しい。彼らというのは、パリピ的な感じの人たちである。ラインの速度がめちゃくちゃ早くて短文でさらっとしている人たちである。

私のラインはよほど慣れている人相手でないと、やたら長ったらしくて空気を和ますために絵文字やびっくりマークを多用したりして、全く早く返信できない。それが良い効果を発揮しているのかどうかはわからないがやらないでいられない。内容を確認しきれずにあまりに早く返信すると、間違ったことを言ってしまったんじゃないかと思って(ラインは取り消せないので)、良い返事が来ない限り後から不安で仕方がないからである。結構ほとんどの人に対してこういう態度を取ってしまう。自分のそういうところが一番嫌いであるし一番の弱点だと思っている。

今回の連絡は必要不可欠みたいなものだけど、返事はあまりにあっけらかんとしていて、うん!とかそうだね!とかありがとう!とかすごいスピードでやり取りをした。こう書いてみるとやっぱり嫌われているんじゃないかと思えてくる。それはまあ私がそういう文のやり方をしないからかもしれないけど、自分のやり方を相手がやらないから嫌われているんじゃないかって、なんかもう凄い気がする。もの凄い思い込みじゃないだろうか?嫌われたらそんなに困るのかな?

むしろ、嫌われていると思って、関わることを避けたほうが本当に良くない関係になるんだけどな。ということが、これまで人生を積んできてやっとわかってきた。あーあ、本当に誰かに連絡を取るのって、アクションを起こすのってこわい。私のことを完全に好いている相手かめちゃくちゃ優しそうな人か嫌われてもいいくらい好きな人にしかアクション起こせない。

思い込みが天下一品すぎて、出来なかったことがたくさんある。やってみたらできたかもしれないのに。それらを、アクションを起こすことに慣れて、なるべく出来たことを増やすのが今年の目標である。